お宝話」カテゴリーアーカイブ

大木金兵衛家の清酒・醤油づくり

「練馬の産業II」p.39 練馬区教育委員会より 明治の初めに戸長・初代村長であった金兵衛門が村年寄の父金兵衛と共に、幕末期からにごり酒を造り始めた。さらに明治10年代に清酒・醤油を本格的に醸造し、盛んな時には合わせて5 … 続きを読む

カテゴリー: 屋号・商店街, 明治~戦前 | コメントする

お茶屋の見事な藤棚

旧川越街道の道沿いのお茶屋さんには、昔、見事な藤棚があったそうです。北町から離れた地の人の間でも有名だったといいます。 現在は、そのお茶屋さんも移転し、藤棚も建物も姿を消してしまいました。 切られてなくなってしまったと残 … 続きを読む

カテゴリー: 地図があるお宝, 屋号・商店街 | コメントする

ちがや馬の作り方

北町旧跡研究会のメンバーが、ちがや馬保存会による、ちがや刈り取り~日干し~ちがや馬作成の工程を取材しました。 絵を描くのが上手いメンバーのNさんがひょいひょいと書いた、ちがや馬を作る手順メモがこれ。メモとはいえ、これも立 … 続きを読む

カテゴリー: ちがや馬 | コメントする

庚申塔 (板橋との区境)

北町1丁目の大松食堂の隣、上板橋寄りに庚申塔がある。 (S)

カテゴリー: 北町1丁目, 地図があるお宝 | コメントする

啓志線・ケーシー線

 昭和18年、上板橋から、現・自衛隊練馬駐屯地までの鉄道があった。終戦後、グラントハイツ(現・光が丘)まで延長され、グラントハイツ建設の責任者のケーシー中尉から、ケーシー線と名付けられた。上板橋駅から上板橋サンライトマン … 続きを読む

カテゴリー: 北町1丁目, 戦後~平成 | コメントする

けらや

北町1-44 のマンションと大久保ビルのあたりに、「けらや」 があった。大木正治郎さんの調査によると、「けらやとは、けらを集めたところであろう。けらは鷹を飼育する生き餌に用いられ、年貢の一つとして農民に課せられた。」とあ … 続きを読む

カテゴリー: 北町1丁目, 地図があるお宝, 屋号・商店街 | コメントする

稲荷神社

 北町1丁目の町会事務所の隣に、稲荷神社がある。元は、家稲荷だったのではないか、ということだった。久富不動産の奥やユータカラヤの横道を入った左手にも鳥居を見かけた。(お宝パネルより)  (S)

カテゴリー: 北町1丁目 | コメントする

くじゃく

北町3丁目で、くじゃくを飼っている家があった。羽根をもらってうれしかった。(お宝パネルより)  (S)

カテゴリー: 北町3丁目 | コメントする

縁日

毎月、東武練馬のあたりで、縁日が行われていた。花や植木の出店が多かった。(丹羽さん) (S)

カテゴリー: 北町2丁目 | コメントする

鍛冶屋さん

1丁目のはずれの白石さんの家は、明治になって浦和から分家してきて鍛冶屋をやっていた。鍬、鎌、万能等の農機具を作っており、練馬や板橋の農家に売っていた。白石さんの話によると、夜明け前から農家の人が馬車や牛車に練馬大根などの … 続きを読む

カテゴリー: 北町1丁目, 屋号・商店街, 明治~戦前 | コメントする