屋号・商店街」カテゴリーアーカイブ

大木金兵衛家の清酒・醤油づくり

104_1

「練馬の産業II」p.39 練馬区教育委員会より 明治の初めに戸長・初代村長であった金兵衛門が村年寄の父金兵衛と共に、幕末期からにごり酒を造り始めた。さらに明治10年代に清酒・醤油を本格的に醸造し、盛んな時には合わせて5 … 続きを読む

カテゴリー: 屋号・商店街, 明治~戦前 | コメントする

お茶屋の見事な藤棚

旧川越街道の道沿いのお茶屋さんには、昔、見事な藤棚があったそうです。北町から離れた地の人の間でも有名だったといいます。 現在は、そのお茶屋さんも移転し、藤棚も建物も姿を消してしまいました。 切られてなくなってしまったと残 … 続きを読む

カテゴリー: 地図があるお宝, 屋号・商店街 | コメントする

けらや

北町1-44 のマンションと大久保ビルのあたりに、「けらや」 があった。大木正治郎さんの調査によると、「けらやとは、けらを集めたところであろう。けらは鷹を飼育する生き餌に用いられ、年貢の一つとして農民に課せられた。」とあ … 続きを読む

カテゴリー: 北町1丁目, 地図があるお宝, 屋号・商店街 | コメントする

鍛冶屋さん

1丁目のはずれの白石さんの家は、明治になって浦和から分家してきて鍛冶屋をやっていた。鍬、鎌、万能等の農機具を作っており、練馬や板橋の農家に売っていた。白石さんの話によると、夜明け前から農家の人が馬車や牛車に練馬大根などの … 続きを読む

カテゴリー: 北町1丁目, 屋号・商店街, 明治~戦前 | コメントする

くぼったま

ちょっとくぼんだ地だったから「くぼったま」。今の松本魚店のそば。

カテゴリー: 地図があるお宝, 屋号・商店街 | コメントする

ひやかい

68

この道を北へ進んだ方へ、遊郭があったそうな。そこを通る人を「ひやかした」ことから、その角に住む人は「ひやかい」と呼ばれた。「しやかい」と言う人もいた。

カテゴリー: 地図があるお宝, 屋号・商店街 | コメントする

馬喰谷戸(ばくろがいと)

川越街道沿いを走る馬の交換所。近くにはうなぎ屋があった。 ※馬喰ヶ谷戸(ばくろうがやと、ばくろうがいと) 旧・下練馬村の小名。村西北部のはずれ、川越街道旧道の北側。馬 喰は、おそらく川越街道の馬運にあたった馬匹の集落であ … 続きを読む

カテゴリー: 地図があるお宝, 屋号・商店街, 江戸時代 | コメントする

3丁目の屋号

カテゴリー: 北町3丁目, 地図があるお宝, 屋号・商店街 | コメントする

へび屋

昭和20年代頃、2丁目のローソンの場所に「へび屋」があった。 生きたままのへび(種類は不明)を、蓋付きのかごに入れて売っていた。

カテゴリー: 地図があるお宝, 屋号・商店街 | コメントする

本陣

大木金兵衛さんのお宅だった(現、コンドルさんのあたり) 現在は、”金兵衛”は名乗らず、住所も違っている。18代目ではないか。 東武練馬の駅も、大木さんの土地だった。日常のわずらわしさから、帝国ホテ … 続きを読む

カテゴリー: 北町2丁目, 地図があるお宝, 屋号・商店街, 江戸時代 | コメントする